• 分譲物件と賃貸物件の違い

    • 住宅には賃貸物件と分譲物件がありますが、どちらも生活の場としては同じものになりますが、経済性に関しては迷うところが多いと言えます。



      賃貸では家賃を支払っても自分のものにはなりませんが、自由に引越しができるメリットがありますし、固定資産税など税金を支払わなくても良いメリットがあります。



      経済的にはメリットに感じることが多い賃貸物件ですが、自分のものにはならないためにお金を捨てているようなものとも言えます。



      分譲物件は購入する訳ですから確実に自分のものになりますが、賃貸ではメリットになる経済性がデメリットにもなります。



      また高額なローンを長期にわたり返済していくことになるため、精神的な負担も多いのが特徴です。



      しかしローンと家賃が同じ金額だったとすれば、分譲物件は自分のものですから処分も自由にすることが可能です。

      売却すれば売却金が手に入りますので、住宅ローンの負担はデメリットばかりでは無いといえます。



      賃貸物件では高級マンションなど通常とは異なる特徴を持つ物件がありますが、分譲では購入できない価格帯でも賃貸であれば住むことができます。



      賃貸は気楽に借りられることがメリットになりますが、購入する場合には経済的な負担が重くのしかかるため、どちらが良いか迷ってしまいます。
      自分のものになるか、気楽に生活するかの違いになりますが、資産を持つか持たないかの違いもあるため、それぞれの考え方が選択に関わると言えます。



  • 関連リンク

    • 分譲マンションの利点の数々

      分譲マンションの利点は、セキュリティ面で安心と言うことである。オートロックの分譲マンションには、空き巣などの犯罪者が入りにくく、ピッキングなどの被害にも遭いにくいものです。...

    • 分譲物件と賃貸物件の違い

      住宅には賃貸物件と分譲物件がありますが、どちらも生活の場としては同じものになりますが、経済性に関しては迷うところが多いと言えます。賃貸では家賃を支払っても自分のものにはなりませんが、自由に引越しができるメリットがありますし、固定資産税など税金を支払わなくても良いメリットがあります。...